モテる手越祐也がきゃりーを選んだ理由は?フカセは破局と復縁どちらを選ぶ??

kyari

スポンサードリンク


tegosikyari

 

 

 

手越祐也ときゃりーぱみゅぱみゅの衝撃お泊まりデートが報道されましたね。
肉食系手越しくんが意外や意外、サブカル系女子のきゃりーぱみゅぱみゅと熱愛報道された理由を徹底調査しています。深瀬さんはいったいどういう選択をするのでしょうか。

スポンサードリンク

手越祐也ときゃりーのフライデー熱愛報道

手越祐也の自宅に、
きゃりーぱみゅぱみゅがお泊まりデート
したというフライデー記事が掲載されたことが
事の発端ですね。

kyaritegosi

 

 

 

 

手越くんもきゃりーさんも、
事務所を通して否定コメントを発表しています。

しかしながら、
報道以前に手越ファンから、
手出すんじゃねえ!!
とTwitter上で絡まれると、
え、全く出してないけど
とわざわざ反応していることから、
デートは真実だろうな、
というのが大半の見方だと思います。

手越祐也はどうしてきゃりーに手を出したの?

この疑問、
浮かびませんでしたか?

手越くんの遊び人っぷりは、
錦戸亮を超えるとまで評されていますが、
お相手は専ら、
AKB48やSKB48のアイドル路線か、
キャバ嬢のおねえさん系に集中しています。

kisskitousann

 

 

 

 

特に、SKB48の鬼頭桃菜との熱烈キスは、
大きく報道されましたよね。
<関連記事>NEWS手越祐也とSKB48鬼頭桃菜に熱愛報道!?フライデーの最新キス画像あり!!

しかしながら、
きゃりーぱみゅぱみゅは、
原宿系のサブカル女子代表のはず。
手越くんの守備範囲から大きく外れている気がします。

しかも、
きゃりーには、2年越しの恋人である、
SEKAI NO OWARIの深瀬さんがいたのに、

fukase

 

 

 

 

わざわざ芸能人の彼氏持ち女子を
狙ったら面倒な事になるのは目に見えているはず。

それでも手を出した理由は、
ネット界隈では、

手越は芸能人100人切り目指してるんだよ

との感想からも分かるように、
手越くんの守備範囲がそもそも広く、
お姉さん系からサブカル女子まで、
幅広く女の子が好きである事

きゃりーさんが彼氏持ちである事が、
逆に手越くんに火を着けたようです。

一方、
きゃりーさんは、

好きなタイプは
色白で金髪でオールバックの悪役顔で、
根は良い人

とTwitterで発言しています。

金髪、色白って、
手越くん条件に結構当てはまっていますよね。

tegosi2

 

 

 

 

自分からは告白できないとも
発言しているので、
押しがとにかく強い手越くんに
言い寄られたら、
ついなびいてしまったと思われます。

セカオワフカセの究極の選択

さて、
公式彼氏であるフカセさんは、
きゃりーさんと別れるのか、
それとも関係を維持するのか、
気になりますよね。

fukasekari

 

 

 

2014y10m11d_203255537

 

 

とありますが、
この「苦しくて辛い事」が、
今回の浮気騒動だとすると、

関係を維持しながら、
乗り越える

という選択をするのではないかと思います。

今後の動向に注目ですね。
<関連記事>

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. hio-4
  2. urahama
  3. 2015y01m23d_211552917
  4. maguro2
  5. marie
コメントは利用できません。
かまきり CRAZIPは、おかしいというCRAZYと、 ネタ記事というGOSSIPをくっつけた造語です。 ピアニスト志望の未婚女子と メトロポリタン・トーキョーから 地方移住を果たした既婚女子の息抜きブログです。 気になるからまとめてほしい! というネタもどんどん教えてくださいね★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

足立区を有名にした凸凹コンビ==>“ANZEN漫才”!!

この笑顔が世界を救う!?

みやぞん

みやぞん

 

実は俳優だった!?

あらぽん

あらぽん

幼児のアイドル“ケロポンズ”!!

「エビカニクス」がうける理由

ケロポンズ

ケロちゃん

ポンちゃん

ブレイクする女子の育て方。

セレブ一家 vs 破天荒親父の計画!?

柴田阿弥アナ

柴田 阿弥

山崎 紘菜

岡井 千聖

芳根 京子

名前は“パーマ大佐”だけど・・・ 僕、育ちが良いんです!!

高偏差値にしか降りない曲。

国民的女優への入り口“逃げ恥”キャスト大集合!!

イケメン見たけりゃ“逃げ恥”を見よ!