能年玲奈の妹の名前は!?母が美人すぎ、妹と疎遠すぎる本当の理由は!?エピソード画像あり!!

能年玲奈

スポンサードリンク


能年玲奈

 

 

 

映画「ホットロード」が大ヒットし、2014年年末には映画「海月姫」の公開が控える、
時の人・能年玲奈。国民的女優に成長しつつある彼女の家族の話はあまり聞きませんよね。そんな能年さんの母・父・妹それぞれ家族とのエピソードについて、徹底調査しました。

スポンサードリンク

能年玲奈 プロフィール

生年月日 1993年7月13日
出身地  兵庫県
身長   162cm
所属   レプロ
ちなみに、
映画「海月姫」で共演する菅田くんの記事はこちらです!

<関連記事>菅田将暉が熱愛彼女・新川優愛と結婚!?山崎賢人と仲良し!?画像あり!!

能年玲奈、妹との疎遠歴6年の謎

飛ぶ鳥を落とす勢いの
能年玲奈ですが、
彼女にはがいることが判明しています。

2014y10m07d_231133320

 

 

 

 

 

 

これは、
妹が上京してきたときのツーショットですね。
実に再会は6年ぶりだそうです。

能年さんは2014年現在21歳ですから、
15歳の上京時から一度もあってないということ?

妹さんの名前は、みゆさん。

1歳違いの妹さんは、
2014年現在20歳のはず。

帰省やお正月休みでも、
実家に帰っていないとは考えにくいですよね。

「ゆっくりした」というのは、

顔は見せたけど、
ふたりっきりでじっくり話をしたり、
時間を1日使ったのは、
久しぶりだ、

という意味だと思われます。

なので、
妹と疎遠である本当の理由は、
お互い時間がすれ違った、
というだけの話と思えます。

能年玲奈、母親38歳、美人の謎

能年さんのお母さんが、
38歳という若さとは意外ですよね。

能年さんがまだ、
20歳前後であることを考えると、
18~19歳でご出産されたのでしょう。

写真を探し回ったのですが、
さすがに一般人ということで、
出回っていませんでした。

しかし、
お父さんもイケメンとの情報が。
美少年でもいける能年顔は、
やはり遺伝子の珠玉のようです。

<引用 女性自身>
「お父さんはホリの深い男前で、
お母さんもかなりの美人でした。

 

お父さんは鉄筋工で、
身長が180センチ近くあって筋骨隆々。
でも、おとなしい性格の方です。

 

お母さんはしっかり者で、
工場で働いていました。
あまり身なりには気を遣っていませんでしたが、
玲奈ちゃんらにはオシャレな服を着せていました」

能年玲奈、父親の衝撃すぎる事件

男前と称される
能年さんのお父さんですが、
衝撃的な事件が報じられていました。

nounenn

 

 

 

 

 

2013年の交通事故ですね。
早朝明け方近く、
78歳の女性との人身事故でした。

2013年の事件当時、
お父さんは40歳前後と思われ、
まだまだ家族を支える大黒柱としての
責任がありますよね。

発売元の新潮には、
あまちゃんでブレイクした
能年さんの人気を意図的に落とす記事であるとして、
非難轟々でした。

現在も穏やかに暮らされていると良いのですが…
能年さんが東京で一人頑張るのも、
この事件がひとつの原因かもしれませんね。

<関連記事>能年玲奈の可愛いスライム姿がCM動画で!?衝撃の卒アル画像あり!!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. fukusikunn2
  2. hayama
  3. ikuta
  4. an
  5. suzuarisu
コメントは利用できません。
かまきり CRAZIPは、おかしいというCRAZYと、 ネタ記事というGOSSIPをくっつけた造語です。 ピアニスト志望の未婚女子と メトロポリタン・トーキョーから 地方移住を果たした既婚女子の息抜きブログです。 気になるからまとめてほしい! というネタもどんどん教えてくださいね★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

足立区を有名にした凸凹コンビ==>“ANZEN漫才”!!

この笑顔が世界を救う!?

みやぞん

みやぞん

 

実は俳優だった!?

あらぽん

あらぽん

幼児のアイドル“ケロポンズ”!!

「エビカニクス」がうける理由

ケロポンズ

ケロちゃん

ポンちゃん

ブレイクする女子の育て方。

セレブ一家 vs 破天荒親父の計画!?

柴田阿弥アナ

柴田 阿弥

山崎 紘菜

岡井 千聖

芳根 京子

名前は“パーマ大佐”だけど・・・ 僕、育ちが良いんです!!

高偏差値にしか降りない曲。

国民的女優への入り口“逃げ恥”キャスト大集合!!

イケメン見たけりゃ“逃げ恥”を見よ!